借地権がわかるサイト

借地権とは、借地借家法に借家法と共に規定され、土地に建物を所有する目的で第三者から借りる権利のことを指します。物権である地上権と債権である土地賃借権が含まれます。

物権とは一物一権主義と言われるように直接に支配して他の権利が排他的であるもののことを言います。債権とは物権とは違い、排他性を持たない権利の事を言います。地上権である場合には、所有者が土地を別の人に売った場合においてもその土地を使うことができますが、賃借権の場合には所有者の承諾がなければ使い続けることができません。また、土地を建物を所有する目的ではなく、青空駐車場、資材置き場等の利用目的で賃借する場合には、民法の基準に従って20年の賃借になります(仮に30年と定めても無効となります)が、建物を所有する目的で賃借する場合には最短で30年借りることができます。

契約の期間を定めなかった場合、または定めたけども30年未満だった場合には30年に引き伸ばされます。また、契約の更新時においても、最初の更新では最短で20年、2回目以降で最短で10年と比較的長い間借りられることが特徴です。借地借家法は特別法にあたり、民法に対して優先される法律です。民法の保護では借りる人が弱い立場になるために、こういった法律が設けられました。

では、どのような種類の借地権が実際にあり、どのような違いがあるか、借地権の注意事項、借地権は相続できるのかについてまとめたので、見ていきましょう。

筆者について

管理者

記事を表示 →