借地権の種類

普通借地権と定期借地権があります。普通借地権は契約満了時に土地を貸す人に正当な理由がなければ、借りる人の希望によって契約を更新できる定期借地権は予め契約で決められた期間、土地を借りることができる権利を指します。

定期借地権には、一般定期借地権と建物譲渡特約付き借地権と事業用定期借地権があります。一般定期借地権とは1、契約を更新しない。2、建物を再築しても存続期間を延長しない。3,建物買取請求権を行使しない。左記3つの特約(当事者間の特別の合意のことを指す)が許され、50年以上の長期に亘って土地を借りることができます。建物譲渡特約付き借地権とは、土地を明け渡す(返す)時に建物も同時に買い取ってもらう借地権の事を言います。

30年以上の期間で設定することができるので、貸す側の人にとっては一般定期借地権よりも短い期間で設定できることになります。また建物を賃貸している場合には、賃貸業を引き継ぐ事が出来ることになります。事業用定期借地権とは店舗等を建てる目的で設定する借地権です。10年以上50年未満の期間を設定することができます。建物譲渡特約付き借地権と違い、土地を明け渡す時に建物を買い取ってもらうことはできません。

筆者について

管理者

記事を表示 →