相続に関する借地権

最後に借地権を相続した場合、どうなるか説明します。土地を借りている人が亡くなった場合、その相続人の方(子など)が貸している人に、「土地を相続しました」という通知を送れば、承諾などは不要です。相続する場合には承諾は必要ありませんが、遺贈の場合には承諾が必要となります。遺贈とは遺言によって財産等を親族に贈与する制度です。この承諾が得られなかった場合に、譲渡と同様に裁判所へ許可の申し立てをすることができます。土地を貸している人が亡くなってしまった場合においてもその相続人に引き継がれ、同様に使用することができます。ただし、土地を貸している人が第三者に土地を売却してしまった場合は、問題が起こります。借地上の建物に借りている人の名義がないとその土地を明け渡せと言われたら、返さなければなりません。

これまで見てきたように、借地権と言っても様々な種類があり、使用用途や年数等の契約に仕方によって分けられています。土地を借りたい人はどのような借り方をすればよいか、年数はどの程度か、更新は必要かをよく検討してみてください。また、貸す側の人も、その土地をどの程度まで貸したいか、貸した後にどうするかをよく考えて契約しましょう。

筆者について

管理者

記事を表示 →